北九州市小倉南区の保育園/曽根保育園

保育園のしおり

保育園の一日のすごし方

7:00 開園(早朝特別保育)
7:30 登園 順次登園  自由あそび  絵本読み
9:30 おやつ あそび
11:30 給食
12:30 午睡
14:30 目覚め
15:00 おやつ 自由あそび
18:00 降園
延長保育
19:00 閉園
7:00 開園(早朝特別保育)
7:30 登園 順次登園  自由あそび
9:30 設定保育
12:00 給食
13:00 午睡(3・4歳児)  遊び(5歳児)
15:00 おやつ 自由あそび
18:00 降園
延長保育
19:00 閉園

延長保育について

対象者
就労時間や通勤時間が長いため通常の開園内にお迎えが出来ない方
延長時間
PM6:00~7:00
  • 延長保育室へ移動する
  • おやつ(市の献立に沿っておやつを提供します)
  • コーナー遊び(絵本の読み聞かせ他)
  • 順次降園
PM7:00  閉園

一時保育について

対象者
保護者がパートや疾病 、リフレッシュ、出産により一時的に家庭保育が困難となる児童を保育する制度です。
保育園では受付は出来ません。
区役所の保育課の窓口で、手続きをして下さい。
保育時間
AM9:00~PM5:00

統合保育について(障害保育も含む)

発達のゆるやかなお子さんと共に過ごすことで、優しく手を貸そうとしたり、いろいろな人と関わる力が、自然体の中で育ちあっています。
友達の立場に立って考える体験の積み重ねが、子どもたちの心を柔らかく、豊かに育んでいきます。

他教室について

  • お茶会(5歳児)
  • 体操教室(3・4・5歳児)
  • 硬筆(書き方)教室

登降園について

朝AM7:00に開園します。
保育園を休む時や通院で登園が遅れる時は連絡をお願いします。
降園はPM6:00です。
延長の降園はPM7:00です。

お子様の送り迎えは、保護者または責任のある方が行って下さい。
保育園の開扉はお子様の安全のため必ず閉めて下さい。

車での送迎について

駐車場は8台あります。
道路側に駐車場がありますので、往来する車には、十分気をつけて下さい。
行事の際は車での来園はご遠慮下さい。
安全のため、必ず車のエンジンを切って鍵をかけ、貴重品は車中におかないようにしましょう。 【車上狙いなどにご注意ください】 登降時の用意は、短時間ですませ、駐車場のご協力をお願いします。
お子様の安全のために必ず必ずチャイルドシートを装着しましょう。
道路に駐車しないで下さい。

保護者とのコミュニケーションについて

家庭と保育園・保護者同士が支え合いながら保護者も保育士も供に育ち合っています。
0・1・2歳児は個人の連絡ノートで家庭の様子や、保育園での様子を伝え合い連携を図っています。
3歳以上児のクラスはノートはありませんが、その日様子をお知らせしています。
必要に応じて家庭訪問、個人面談を行います。
月末に献立表、月初めに保育園だより、クラスだよりを配布しております。
保護者同士がお互いに交流を深め、助け会えるようにクラスの懇談会なども開いています。

苦情について

さまざまな苦情をもたれた時は、担任や園長にお伝え下さい。その都度一緒に話し合いながら解決していきたいと考えています。
【相談・苦情の窓口設置について】  受付担当者  解決責任者  第三者委員
サービスに対する相談や苦情については受付担当者にお申し出下さい。
電話・文書・匿名いずれでも受け付けます。内容については、秘密保守を守ります。
希望があれば、第三者委員の立会いのもと、話し合いを行っています。

プライバシーの保護について

一人一人のプライバシーを保護するために、保育を通して知り合った個人の情報や秘密は守ります。 保護者の電話番号は公表していません。
個人情報保護に関する法令及び厚生労働省が提示したガイドラインを遵守し、個人情報保護に努めます。

緊急連絡について

急な発熱、体調不良や行事などで緊急に連絡する事があります。緊急カードには必ず就労先携帯電話の番号も記入して下さい。
緊急の場合のみ連絡しますので、必ず通じるようにして下さい。
携帯番号や、就労先が変わったり辞めたりした時は、速やかにお知らせ下さい。
保育園をやめる時や住所連絡先・保険証が変わった時は必ずお知らせ下さい。

安全管理について

子どもの安全を守るために、防犯カメラ、緊急時に非常ボタンを押すと警備保障会社に連絡される緊急通報システムを備えています。
毎月1回、火災・地震・不審者侵入等の災害時を想定した避難訓練を行っています。

子ども同士のふれあい

年の違うお子さんとふれあい場がだんだん少なくなっていますが、保育園では0歳から6歳までの子どもたちが生活や遊びを通して、共に育ちあっています。友達のすることを真似したり助け合ったりする微笑ましい光景もいろんな場面が見られます。
集団生活の中で育つ 明るく元気なやさしい子供 を大切にしています。

統合保育

発達のゆるやかなお子さんと共に過ごすことで、優しく手を貸そうとしたり、いろいろな人と関わる力が、自然体の中で育ちあっています。
友達の立場に立って考える体験の積み重ねが、子どもたちの心を柔らかく、豊かに育んでいきます。

ボランティアの方々とともに

地域の行事に参加し触れ合いのひとときを過ごします。
(夏まつり・運動会・まつり南・ワッショイ百万夏祭り・子育て講座)